一般皮膚科診療

general

アトピー性皮膚炎

かゆみを伴う湿疹がなかなか治らない場合、アトピー性皮膚炎の可能性があります。アトピー性皮膚炎は、採血で原因が特定できる病気です。身近な生活環境の中に原因がある場合は可能な限りそれを除去し、治療を行うことが大切です。また、治療のほかにもスキンケア・入浴方法・食事の内容など、普段の生活習慣を改善していくことも大切です。治療に使用する薬には、ステロイドに抵抗がある方にはタクロリムス製剤や漢方薬を処方するほか、紫外線療法などの治療法もあります。お気軽にご相談ください。

尋常性乾癬

肘や膝などにかゆみなどの自覚がなくカサカサした発疹があり、改善が見られない場合は「尋常性乾癬(じんじょうせんかんせん)」の可能性があります。確定診断には生検を行う必要がありますが、専門医の所見で症状がわかることも多くあります。まず軟膏による治療を行った後、紫外線療法などを行います。それで改善が見られない場合は、チガソンやネオーラルといった服用薬を処方します。この症状は、治療で改善しても繰り返し出現することが多い疾患です。医師と相談しながら治療を進めていくことをおすすめします。

脂漏性湿疹(フケ)

頭髪にフケが出ることが多い場合、脂漏性湿疹である可能性があります。これは、皮脂がカビなどの細菌によって分解され炎症を起こしている状態です。頭部に症状が出ることが多い病気ですが、皮脂が多く分泌される額や小鼻、また状態によっては腋や股に症状が出ることもあります。基本的に塗り薬で治療を行いますが、症状が繰り返されることが多いため、長い目で見て治療していくのが良いでしょう。

皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹とは、皮膚が乾燥し、強い痒みを感じることで、痒いからとかいてしまうことで湿疹化してしまう病気です。特に、皮膚が乾燥しやすい高齢者に多く、すね、太もも、腰、わき腹などに見られることが多いです。塗り薬として、乾燥を防ぐ「保湿薬」や皮膚の炎症をおさえる「ステロイド外用薬」などを使用して、治療を行います。

掌蹠膿疱症

掌(手のひら)や蹠(足のうら)に膿を持った皮疹ができたり皮膚がめくれたりしてくる症状を、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と言います。手や足自体に原因があるわけではなく、扁桃炎や虫歯が原因となることもあります。また、最近では虫歯の治療などで使用する被せ物による金属アレルギーが原因になっているという報告もあります。(金属パッチテストで金属アレルギーの有無を測定することができます)
治療方法としては、軟膏と漢方薬の処方を行うことが多く、また紫外線療法も有効です。症状や原因によっては、耳鼻科や歯科を受診していただく場合があります。

白斑

白斑とは、皮膚にあるメラニン色素細胞が減少、または消失して起きる病気です。原因としては自己免疫、色素細胞の自己破壊、神経の作用、代謝の障害などがあります。治療方法は塗り薬(ステロイド)の処方や紫外線療法があります。紫外線によりメラニンを活性化することができるため、特に紫外線療法は有効です。症状にあわせて医師と相談しながら治療を進めるのが良いでしょう。

じんましん

蚊に刺されに似た状態や、地図状に浮き上がる皮疹が現れる場合、じんましんである可能性があります。症状のほとんどは、治療により1週間以内に改善されます。こうした短期間の症状は急性じんましん、定期的に繰り返す場合は慢性じんましんです。慢性の場合、長期にわたって薬の服用が必要になることがあります。原因が特定されづらい疾患ですが、抗アレルギー剤を服用することでほとんどの場合症状をコントロールすることができます。

ニキビ

ニキビは、思春期に起こるニキビから成人してからのいわゆる「大人ニキビ」まで、人それぞれ原因と状態が異なります。思春期のニキビは第二次性徴によるホルモンバランスの変化が原因で起こります。一方、大人ニキビは皮膚表面の問題だけではなく、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど様々な要因から大きく影響を受けます。そのため、まずは原因を究明し、自分に合った治療法を見つけることが大切です。
当院では、日本皮膚科学会が作成したガイドラインに沿って治療を行っています。まずは生活指導と保険内の治療を行いますが、治療法はいくつかあるため状況に応じて選択していきます。また、新たにニキビが増えないよう、アフターケアの指導も行っています。

水虫

足の指の間に起こると思われている水虫ですが、全身どこにでも出現する可能性があります。また、症状も必ずしもかゆみやジュクジュクした状態とは限りません。このような状態が足の指に起こり、市販の水虫の薬を塗る方も多いのですが、別の病気である可能性もあります。まずは皮膚科を受診していただき、皮膚の一部を顕微鏡で観察して、水虫の菌が存在しているかを診断します(結果はすぐにわかります)。正しい病名が診断されたうえで、治療を進めていくことが大切です。
※水虫であっても薬を塗ることで菌が死滅し、正しい診断ができないことがあります。薬を中断してから受診されることをおすすめします。

ヘルペス

単純ヘルペス

口唇や陰部周辺に違和感を覚える状態に始まり、小さな水疱が集まって現れる症状を単純ヘルペスと言います。体力や免疫力が低下したときに出現しやすくなります。飲み薬の効き目が良く、抗ウィルス剤を服用して治療します。症状が繰り返される陰部ヘルペスの場合は、低用量維持療法などもあります。お気軽にご相談ください。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

ピリピリとした痛かゆい発疹が一箇所に集まる症状がある場合、帯状疱疹の可能性があります。最初は小さい赤い発疹で始まり、徐々に水疱になっていきます。痛みがないこともあります。早期の治療が大切で、状態によっては入院のうえ点滴治療が必要な場合もあります。

ほくろ・皮膚ガン検診

先天性のほくろ

生まれつき持っているほくろを先天性色素性母斑(せんてんせいしきそせいぼはん)と言います。放置しても問題ないことが多いですが、生涯のうちでガンになる可能性が数%あると言われています。
治療の第一選択肢は切除(オペ)です。切除ができないほど大きい場合はレーザー治療を行うという選択肢もあります。(状況により、大学病院をご紹介いたします)

後天性のほくろ

生後しばらくしてから出現するほくろのほとんどは良性ですが、ごくまれに悪性黒色腫(メラノーマ)であることがあります。
日本人は、手の平や足の裏のほくろにメラノーマが現れることが多いと言われています。当院では、まずダーモスコープという拡大鏡で良性か悪性かを見極めます。良性の場合の除去には、バイオパンチという筒状のメスでほくろをくりぬく方法(くりぬき法)、または炭酸ガスレーザーで焼く方法があります。いずれも15分程度の簡単な処置ですが、炭酸ガスレーザーは美容的観点を第一に行う施術のため、一回の治療で完全に除去できるとは限りません。また、時間が経つに従い再発することもあります。一方、くりぬき法はほとんど再発することがありません(保険適用)。気になるほくろがありましたら、お気軽にご相談ください。

皮膚ガン検診

皮膚ガンの検診は、まずは視診で行います。視診のみで判断がつきにくい場合は、ダーモスコープという拡大鏡を使って診断します。確定診断をつけるには生検が確実ですが、ダーモスコープを用いることにより生検を行わなくてもある程度の判断ができるようになりました。特に、手や足の裏のほくろについては、ダーモスコープだけで良性か悪性かがわかることが多くあります。
気になるほくろ、できものがある場合はお気軽にご相談ください。

いぼ・老人性いぼ

いぼ

小児の手や足の裏できるいぼは、ウィルス性のことが多くあります。その場合、液体窒素療法という方法で患部を凍結させて治療します。発症からすぐに治療を行えば、比較的早く治すことができます。指に不自然なできものが見つかったり、足の裏にたこや魚の目のようなものができたりした場合は、早めの受診をおすすめします。

老人性いぼ

顔や頭、首などに、黒くやや盛り上がったできものが現れた場合、脂漏性角化症(老人性いぼ)の可能性があります。治療方法には、液体窒素療法や炭酸ガスレーザー、外科的切除などがあります。皮膚ガンになる可能性は低いため、美容的観点から治療を行うことが多いものです。ガンの可能性を否定できない場合は生検を行い、良性であることが確認できてから治療を始めることもあります。

炭酸ガスレーザーでの施術についての動画はこちら

首の小さいいぼ

首にできる小さないぼは、皮膚の老化によるものです。腋や股にできることもあります。急速に大きくなることはありませんが、少しずつ大きくなったり増えていったりします。良性のため通常は放置しても問題になることはありませんが、美容的観点から治療を行うことも可能です。
当院での治療方法としては、液体窒素療法や切除を行っています。麻酔の必要もなく数分で終わる処置です。お気軽にご相談ください。

治療前

治療後

小児における湿疹・皮膚炎

小児アトピー性皮膚炎

乳児期では2ヶ月以上、幼児期では6ヶ月以上持続する痒みを伴う湿疹が存在した時点で、アトピー性皮膚炎と診断されます。卵などの食物やハウスダストなどの吸入抗原など多数のアレルゲンがあるお子さんや、症状が強く治療に反応しにくい重症型の場合は、治療期間が長くなることがあります。アトピー性皮膚炎は、良くなったり、悪くなったりを繰り返すかゆみを伴う湿疹ですので、焦らず治療していくことが大切です。

最近は、新生児期から全身の保湿をすることによって5年後のアトピーの発症率が下がったというデータもあります。肌がきれいなお子さんであっても、この世に生まれて沐浴で胎脂を取り除いた瞬間から乾燥は始まっていると思ってスキンケアを開始してみてください。

あと、質のいい乳酸菌(善玉菌)を摂取することで、腸内細菌を善玉菌優位なり、アレルギー体質の改善につながったというデータもあります。まずは、ご相談ください。

乳児脂漏性湿疹

生後間もない赤ちゃんの顔(頬やおでこ)や頭部に黄色いかさぶたのようなものや、フケのようなものが付着する症状を、乳児脂漏性湿疹と言います。
赤ちゃんは、お母さんのお腹の中にいる間は女性ホルモンの影響を受けているため、新生児期から生後3ヶ月くらいまでは皮脂の分泌が非常に活発です。乳児脂漏性湿疹は、いずれも生後5ヶ月くらいまでには自然に治癒するためあまり心配はありませんが、かさぶたが硬くなっている場合は、無理にかさぶたをはがそうとせず、入浴前にオリーブオイルなどで柔らかくしてからベビー用せっけんで洗うと良いでしょう。それでも改善が見られない場合は、ご相談ください。

とびひ

主に、幼児・小児が夏にかかる細菌感染症に、とびひという病気があります。体のあらゆるところに拡大したり、他人に伝染したりすることから「とびひ」と呼ばれています。
鼻を触り過ぎたり、虫刺されやアトピーによるかきむしりでできた傷に細菌が感染したりして起こることが多く、治療方法としては抗生剤を服用することが有効です。
症状が繰り返される場合は、生活環境の整備などが大切です。詳しくは、ご相談ください。

水いぼ

水いぼは、プールのビート板などを介して感染することの多いウィルス性の症状です。放置していても、いずれ免疫がつき自然に治癒することが多い病気です。また、数が少ない場合はピンセットでむしり取ってしまっても問題ありません。ただし、学校や水泳教室によっては、治癒するまでプールに入れない可能性があります。
無数にある場合の治療としては、漢方薬を処方しウィルスに対する免疫力を上げる方法があります。
乾燥肌のお子さんには特に伝染しやすい傾向がありますので、予防を兼ねたスキンケアがとても重要です。

紫外線療法・生検

当院の紫外線療法は、ナローバンドUVB治療を導入しています。紫外線は発ガンや火傷に関与すると言われますが、ナローバンドUVBは有害な波長を取り除いているため、安全性が高い療法です。また、治療には保険が適用されます。
現在では乾癬をはじめ、アトピー性皮膚炎、白斑、掌蹠膿疱症、菌状息肉症などの治療に用いられています。従来の治療法に加えてナローバンドUVBを組み合わせることにより、内服薬やステロイド外用薬の使用量を減少させることが期待できます。アトピー性皮膚炎によるステロイドの使用量が増えてきた場合や、従来の治療法で悪化傾向にある場合は、治療方法の選択肢の1つとして検討する価値があります。ただし、治療開始時には週に2~3回の照射に通う必要があります。

生検

皮膚生検は、皮膚の一部を切り取り、顕微鏡で細胞や組織の状態を詳しく調べる検査法です。
皮膚生検を行うことにより、肉眼では見えない組織の深部や血管の状態、病原体の有無、細胞の種類、良性・悪性の判別、病変の進行状態など治療や診断に必要な多くの情報が得られる重要な検査です。
約2週間で検査結果が出ます。その内容によって治療方針を決めていきます。必要により、大学病院などにご紹介することもあります。

生検の方法

生検では、検査部位を消毒後、局所麻酔を注射し皮膚の一部を切り取ります。病変の状態によりますが、2~5㎝大にくりぬくか、1.5㎝程度の紡錘形に切り取ります。その後の状態により、くりぬき法で1~2針、紡錘形で4~5針ほど縫合する場合があります。
検査直後は止血のため厚いガーゼを当て、強力なテープで患部を圧迫します。翌日、止血チェックと消毒のため来院していただくことがあります。約1週間後に傷の状態を確認、また縫合した場合は抜糸のため来院していただきます。
※検査部位により抜糸時期が異なる場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら